シャツをオシャレに着こなすには?

シャツの着こなしが、なんだかあっさりしていて、もの足りないというときに頼りになるのが、「ニットの肩掛け」です。シャツとのコーディネートに立体感が生まれてオシャレな上、視線が自然と上にいくことによって全身がスラリと見える視覚効果があります。上着をはおるほどではないけれど、少し肌寒いという日の温度調節にも便利です。ニットの肩掛けを今っぽく、スマートに決めるには、「さりげない無造作感」が大事です。

と言っても、難しいことはなく、あえて左右非対称にすればいいだけで、結び目の先に出る袖の部分を一方は長く、もう一方は短くします。ニットを肩に掛けるとき、あらかじめ左右どちらかにずらしておけば、自然と結び目の先に長短の差が出ます。この差が大きいほど、オシャレです。もう一つ、仕上がりがカッコよくきまる「裏ワザ」があります。

ニットは袖ぐりの下のラインで、前身頃が内側にくるように一度折り返してから肩に掛けると、首まわりはスッキリし、収まりがよくなります。また、背中に掛かるニットがダラリとせず、後ろ姿が軽快です。丸首のカーディガンの場合は、ボタンが外側に見えるように掛けます。ボタンは上二つだけ留め、残りを開けておくと、ゆるやかなニュアンスが出ます。

シルクなど、薄手でしなやかなカーディガンなら女性らしさが際立って、よりステキに映えますから、フェミニンなワンピースのアクセントにもピッタリです。ベーシックなシャツを自分らしく工夫して着こなすことこそ、オシャレの楽しさだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です