シャツの種類と着こなし方

シャツはオフィスで働く時に着るようなピシッとしたものから、家で家事をする時に着てもいいようなラフなものまで、多彩な面を持った服です。ボタンを上まで留めるときっちりとした印象、二つほど外して着るとやや肩の力が抜けて、こなれた感じが出ます。柄も無地のものからチェック柄、または水玉や縦じまや絵柄などと、柄があるなしによっても雰囲気が違ってきます。着こなし方も一枚で着てもいいし、セーターやスーツの下に着てもいい、また、Tシャツなどの上にふわりと羽織ったりと着こなし方によっても印象が異なります。

冬などの寒い時期はセーターの下に着たり、また羽織る場合は中にタートルネックなどを着てもいいでしょう。春先から初夏はTシャツの上に羽織るとちょっと暑くなった時にすぐ脱ぎ着が出来るので便利です。素材もカチッとした綿素材やレーヨンなどのさらっとした素材、また、秋冬になるとちょっと厚いボタンダウンなど多彩です。秋から春先まで着られるチェックのシャツはどちらかといえばカジュアルな感じで、男性に多く見られますが、女性でも普段着やちょっとした買い物やお洒落着として重宝します。

下にジーンズを合わせると旅などにも良いですし、子供を公園で遊ばせたりするのにも適している、飾らないラフなスタイルです。山登りやアウトドアにも適しているので、ちょっと寒い山間地に行くときなどに羽織って行ったり、中に着ていくと便利です。レーヨンなどのさらりとした生地はとても女性らしく見せてくれて、ドレープなども美しいです。襟がないものなど、シンプルで、タンクトップなどの上に羽織ったとしても上品に見せてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です