正確な位置を割り出す航空レーザー計測の仕組み - 地理空間情報とGIS

正確な位置を割り出す航空レーザー計測の仕組み

subpage01

航空レーザー計測は特定の場所の地図や測量を目的としたもので、地上で計測するよりも制度が高くなる、従来の航空測量よりも正確な地図を作り出せるなどからも注目を集めています。


航空レーザー計測にはIMUと呼ぶ慣性計測装置とGNSS受信機、そしてレーザー計測点の3つが必要不可欠です。

航空レーザー計測の人気を今すぐチェックしよう。

レーザー計測装置は、レーザー光を航空機から発射し、地表で反射して戻る時間差を調べて距離を決定するための装置、航空機の進行方向に対し、横方向にスキャンを行い高さを調べて行くため、レーザースキャナーとも呼ばれています。


計測ポイントはレーザースポットではなく円形になっているのが特徴で、円のサイズは計測高度1000メートル地点においては約30cm、2000メートルの地点では約60cmになります。

ちなみに、航空レーザー計測を行う装置にはカメラが付いているなどからも地表画像も同時に取得出来るメリットを持ちます。

GNSS受信機は航空機の位置を把握するための装置で、3次元での位置情報を取得出来ます。



3次元とはX軸とY軸、そしてZ軸の3方向です。

IMUはジャイロを改良したもので、航空機の状態や加速度を計測出来る装置、IMUの測定値はレーザー光線の発射された方向を正確に補正を行う事が出来ます。
レーザー計測、GNSSとIMUの3つの技術を利用するのが航空レーザー計測の特徴でもあり、地表に達したレーザー光線を正確に計算する事が出来るようになるわけです。また、レーザー計測点の高さは1cm単位で記録が行われますが、高さの精度はプラスマイナス15cm、水平方向の位置精度は1m程度になります。