ドクターヘリのメリットとデメリット - 地理空間情報とGIS

ドクターヘリのメリットとデメリット

subpage01

救急医療を支えている搬送手段として、昨今、ドラマなどにもなり注目を浴びているのがドクターヘリです。


阪神・淡路大震災の救助活動をきっかけにして導入がはじまり、現在のところ、航空救急の主力となっています。

オンリーワンのドクターヘリの口コミ情報を参考にしよう。

そんなドクターヘリの最大のメリットは、地形や交通事情の影響を受けないという点にあります。

ヘリコプターが飛べる場所であれば、どこにでも高速で出動することができるため、最短時間で搬送が可能となるのです。


同時に、救急専門医と看護師が同乗するため、病院につくまでのあいだに初期治療を施すことができるというメリットもあります。
しかし、ドクターヘリはヘリコプターということで様々な制約を受けるというデメリットがあります。
例えば、ドクターヘリが出動できる時間帯は日中と限られており、夜間の活動は出来ないという点です。



これは夜間飛行の難しさが関係しており、視界の悪い夜間に送電線や住居、ビルと接触してしまうリスクを避けるためとされています。



救急医療は夜間の重要性が高いため、これはドクターヘリの大きな弱点といえるでしょう。
また同様のリスクを避けるために、悪天候時の出動も不可能となっていることがほとんどです。
またもう一つのデメリットが維持するために高額な費用がかかるという点です。


ヘリコプターを維持していくためには、年間約2億程度の維持費がかかるとされていますので、ある程度、規模の大きな病院にしか導入は難しくなっているのです。