航空レーザー計測とは

subpage01

航空レーザー計測というのは、レーザー光を発射して地表から反射して戻ってくる時間差を計測して距離を決定する装置のことで、レーザースキャナとも呼ばれています。

航空レーザー計測のマニアックな情報をお届けします。

空中写真計測とは異なり、航空レーザー計測は夜間でも計測することができますし、植物の葉も透過させることもできますから森林でも地形データを得ることができますし、デジタルカメラが同時掲載されているため空中写真も同時に得ることができるというメリットがあります。


航空レーザー計測は、航空機からレーザーを使用して精密な3D地形モデルを作成することができますから、危険地帯や山岳地帯などの分析資料としても威力を発揮することができます。



最先端の航空レーザー計測システムは、飛行機やヘリコプターにも掲載をすることができますから、幅広い地域で陣族に計測を行うことができるというメリットがあります。

従来の航空写真計測と比べて天候や樹木の影響を受けにくく、急傾斜や地形蛾入り組んだ箇所でもデジタルデータを効率よく取得することができますから、従来なら確認が難しかった極小形状の違いも解析技術を取り入れることで、把握できるようになっています。

航空レーザー計測でどうやって地上の座標や高さを求めていくのかというと、レーザースキャナ・GNSS・IMUという3つの技術を利用することで実現することができます。



ほかの計測方法と比べ高密度のデータを取得することができますし、人が入っていけない場所でも計測ができるというメリットがあります。