地理空間情報とGIS

地理空間情報とGIS

subpage1

地理空間情報とは平成19年8月29日に施工された地理空間情報活用推進基本法第2条第1項に定義されている言葉で、地理、空間に関係づけられた情報を言います。

最先端の空間情報の情報ならこちらにお任せ下さい。

基本法では空間上の特定の地点または区域の位置を示す情報(当該情報にかかる辞典に関する情報を含む)、この情報に関連付けられた情報からなる情報となっています。理解できるようなできないようなこの言葉ですが、わかりやすくいうと「撮った場所が特定できる写真」は特定の地点または区域の位置を示す情報となりますし、「この場所にあるカフェのケーキが美味しい」が関連付けられた情報からなる情報にあたります。
この地表にあるものすべてが「位置」という地理空間情報を持っていて、地図、統計、GPSを使用して取得したデータを地理空間情報ということになります。
政府は紙媒体で活用していましたが、統合GISに移行し共通利用できるようにしました。

GISは地理情報システムのことです。



国土交通省国土地理院によると、GISは「空間データを総合的に管理加工して視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術である」とされています。
災害の観点からみてみると、これまでの空中から撮影された航空写真や各年代の地図はハザードマップ作製時に利用できます。



また災害にあった場合、以前の空中写真と災害時の空中写真で、被災状況や解析に利用できます。
高精度標高データという航空レーザ測量によるデータで高精度な津波浸水シミュレーションや俯瞰図が作成できます。


空間情報の秘密

subpage2

今はどんどんと映像技術が進化しているので空間情報を獲得することの意義が大きくなっています。例えば自動運転が出来るようになる為には、どこにどれだけの空間があるのかを把握する必要があるので、空間情報は必須の情報ということになるわけです。...

next

航空レーザー計測が気になる方

subpage3

航空レーザー計測というのは、レーザー光を発射して地表から反射して戻ってくる時間差を計測して距離を決定する装置のことで、レーザースキャナとも呼ばれています。空中写真計測とは異なり、航空レーザー計測は夜間でも計測することができますし、植物の葉も透過させることもできますから森林でも地形データを得ることができますし、デジタルカメラが同時掲載されているため空中写真も同時に得ることができるというメリットがあります。...

next

航空レーザー計測をよく学ぶ

subpage4

航空レーザー計測は特定の場所の地図や測量を目的としたもので、地上で計測するよりも制度が高くなる、従来の航空測量よりも正確な地図を作り出せるなどからも注目を集めています。航空レーザー計測にはIMUと呼ぶ慣性計測装置とGNSS受信機、そしてレーザー計測点の3つが必要不可欠です。...

next

ドクターヘリ−の学びたい知識

subpage5

救急医療を支えている搬送手段として、昨今、ドラマなどにもなり注目を浴びているのがドクターヘリです。阪神・淡路大震災の救助活動をきっかけにして導入がはじまり、現在のところ、航空救急の主力となっています。...

next